スーパースピードゴルフ
松山英樹選手、フィル・ミケルソン選手などツアー選手400人以上が使用

松山英樹選手
フィル・ミケルソン選手

などツアー選手400人以上が使用

オーバースピードトレーニング

オーバースピードトレーニング

スーパースピードゴルフ正規輸入販売代理店

早速飛距離アップしたい方は、ご注文ボタンをクリックです!

ご注文

皆さま、こんにちは!
『スーパースピードゴルフ』正規日本輸入販売代理店 ヒロゴルフアカデミーの田中博幸です。
突然ですが、次にあげるプロゴルファーたち、あなたは何人の名前をご存知ですか?

フィル・ミケルソン選手、ポール・ケーシー選手、イアン・ポールター選手、ブライソン・デシャンボー選手、ビリー・ホーシェル選手、スコット・ピアシー選手、アレックス・ノーレン選手、ケビン・ナ選手、谷口徹選手、市原弘大選手、木下稜介選手、畑岡奈紗選手、有村智恵選手。

ゴルフが好きでトーナメント中継をよくご覧になるゴルファーのあなたなら、全員の名前をご存知ではないでしょうか?!
そう、これらの選手たちは、世界や日本のツアーで活躍する超一流の選手たちです。
そして、これらの選手たちにはある共通点があります。それは・・・、

全員が、アメリカ生まれの飛距離アップ素振り器具『スーパースピードゴルフ』を使用しているプロゴルファーたちなのです!
今、世界のプロゴルファーたちが、自ら購入してまで使用している練習器具が、この『スーパースピードゴルフ』です。

スーパースピードゴルフ』とは、
異なる3種類の重さの素振り用クラブで、先端にはクラブヘッドではなく、おもりがついています。
ドライバーよりも、約20%軽いクラブ、約5%軽いクラブ、約5%重いクラブの3本セットです。
軽いクラブ=スイングスピードが速くなる」、ことから、軽いクラブから順番に3種類のクラブを素振りすることによって、

筋肉が速いスピードを記憶!

スイングスピードが上がる!!

飛距離が伸びる!!!

という仕組みです。
また、おもりだけがついているクラブを素振りすることによって、アマチュアの、特に飛距離不足に悩むゴルファーの悪い癖である、「インパクト前でクラブスピードが減速してしまう「当て癖」を解消する効果」もあります。

トーナメントで戦うプロゴルファーでさえも、プレッシャーのかかったラウンド後は、この「当て癖」がついてしまうといわれています。
その「当て癖」を解消し、スイングをリセットする効果も、この『スーパースピードゴルフ』にはある、というプロゴルファーも多くいらっしゃいます。
プロゴルファーでさえそうなのですから、技術も練習量もプロゴルファーに比べて少ないアマチュアゴルファーにとっては、なおのこと『スーパースピードゴルフ』によるトレーニング効果は高い!というお考えのもと、レッスンに導入されるティーチングプロの方々も増えています。

『スーパースピードゴルフ』アメリカメーカーの調査によると、『スーパースピードゴルフ』(男性用、女性用、シニア用、ジュニア用)を使ったそれぞれのゴルファーが、「トレーニング開始後、最初の4~6週間でスイングスピードが5~8%速くなった」というデータが出ています!
もし、ドライバーのヘッドスピードが1m/s上がると・・・約5.8ヤード飛距離が伸びると言われています。
例えば、ドライバーのヘッドスピード40m/sの方が5%スピードアップした場合、

40m/s×5%=2m/s

2m/s×5.8ヤード=11.6ヤードの飛距離アップです!

飛距離アップ!そして上達!を望むすべてのゴルファー様に、『スーパースピードゴルフ』を!!

早速飛距離アップしたい方は、ご注文ボタンをクリックです!

ご注文

※本ウェブサイトに記載のデータは、メーカー調査に基づいたもの、理論上のものであり、絶対的に保証されるものではありません。
また、使用頻度、使用回数などにより効果は個人差がありますのでご了承くださいませ。

■2018年「スーパースピードゴルフ」ユーザーの優勝者(2018年9月現在)

【3月】

  • WGC Mexico:フィル・ミケルソン選手
  • Valspar Championship:ポール・ケーシー選手
  • Houston Open:イアン・ポールター選手

【4月】

  • Zurich Classic:ビリー・ホーシェル選手、スコット・ピアシー選手ペア

【5月】

  • 日本プロゴルフ選手権:谷口徹選手(日本プロゴルフ選手権最年長優勝記録)

【6月】

  • 日本ゴルフツアー選手権:市原弘大選手
  • the Memorial Tournament:ブライソン・デシャンボー選手
  • ISPSハンダ:木下稜介選手
  • Walmart NW Arkansas Championship:畑岡奈紗選手

【7月】

  • HNA Open de France:アレックス・ノーレン選手
  • A Military Tribute at The Greenbrier:ケビン・ナ選手
  • サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント:有村智恵選手

【8月】

  • THE NORTHERN TRUST:ブライソン・デシャンボー選手

【9月】

  • Dell Technologies Championship:ブライソン・デシャンボー選手

【10月】

  • WGC HSBC Champions:ザンダー・シャウフェレ選手

【11月】

  • TOTO ジャパンクラシック:畑岡奈紗選手
  • Shriners Hospitals for Children Open:ブライソン・デシャンボー選手

【その他の主な使用選手】

松山英樹選手、片山晋呉選手、藤本佳則選手、石川遼選手、上原彩子選手、大城さつき選手、瀬賀百花選手、ザンダー・シャウフェレ(2017年ダンロップフェニックス2位)、リー・ジャンセン選手(メジャー2勝)、グレアム・マクドエル選手(メジャー1勝)、ラリー・マイズ選手(メジャー1勝)、チャールズ・ハウエルⅢ(PGAツアー2勝)、ヤニ・ツェン選手(メジャー5勝)、チョン・インジ選手(メジャー2勝)、チェ・ナヨン選手(メジャー1勝)、キム・ヘリム選手、他PGAツアー、web.comツアー、LPGAツアー、シメトラツアー選手
多数使用中。
※使用ツアープロ:400人以上(2018年4月現在)

商品紹介

スーパースピードゴルフ

原理は「オーバースピードトレーニング」理論

「オーバースピードトレーニング」とは、選手自身の能力で出すことのできるスピードを超えるスピードを体験させることで、通常のスピード(普段と同じスピード)を出す脳からの指令を変え、いつもよりも速いスイングスピードの感覚や技術を修得させるものです。他の競技でいえば、例えば短距離走者が下り坂を走ることによって通常よりも速いスピードを体験することによって、そのスピードで走るための感覚や技術を修得するトレーニング方法で、昔から様々な競技でこの「オーバースピードトレーニング」が採用されています。
科学的事実として、スイング(運動)は脳による指令によってコントロールされています。
例えば、フォームを固める(同じスイングをする)ことは、脳から同じ指令が毎回出ることによって実現します。この毎回同じ信号を送ることをマッスルメモリーといいます。この行為は、フォームの形を固める点においては良いことですが、そのときのスイングスピードもまた、脳からの同じ指令となってしまっています。
『スーパースピードゴルフ』のトレーニングは、3本の素振り用クラブを使用し、ドライバーよりも重量が軽いもの→やや軽いもの→やや重いもの、という順番で素振りを行います。軽いものは速くスイングできますので、そのいつもよりも速いスピードを筋肉に記憶させる、筋肉に普段よりも速いスピードを覚えさせる、脳からのマンネリ化した指令を打破し、スイングスピードを上げることがその目的です。

メディア掲載

週刊ゴルフダイジェスト誌
2018年4月3日号

週刊ゴルフダイジェスト誌
週刊ゴルフダイジェスト誌

月刊ゴルフダイジェスト誌
2018年6月号

週刊ゴルフダイジェスト誌
週刊ゴルフダイジェスト誌

週刊ゴルフダイジェスト誌
2018年7月号

週刊ゴルフダイジェスト誌
週刊ゴルフダイジェスト誌

アルバ誌
2018年8月9日号

アルバ誌
アルバ誌

アルバ誌
2018年9月13日号

アルバ誌
アルバ誌

週刊パーゴルフ誌
2018年10月30日号

週刊ゴルフダイジェスト誌
週刊ゴルフダイジェスト誌

EVEN誌
2018年12月号

EVEN誌
EVEN誌

ご使用ゴルファー様の感想

中学3年生アマチュア女子ゴルファー T.K様

世界ジュニア2連覇、ステップアップツアー出場経験あり
もともと、ナショナルチームの専属トレーナーさんがこの『スーパースピードゴルフ』を使ったトレーニングをしていて、興味がありました。ネットで田中さんが販売していると知ってすぐに購入しました。
効果は期待以上で、ヘッドスピードが上がっただけでなく、ドライバー重量より軽いものだけではなく、やや重いものもスイングすることによって、スイング軌道も安定し、飛距離と方向性の両方が向上しました!

男子プロゴルファー K.W様

JGTOクオリファイトーナメントサード出場
サードクオリファイトーナメントで2人のアメリカ人選手と同組になったのですが、2人ともこの『スーパースピードゴルフ』を使用していました。
2人ともかなり飛んでいましたが、すでに飛距離のある選手たちが使用しているのを見て、自分もこれを使ったトレーニングをしたいと思い、彼らから商品名を聞き、ネットで調べたところ田中さんが販売していると 知り、購入しました。
トレーニング1ヶ月後にすぐに効果が出てびっくりしています!
2018年シーズンが楽しみになってきました!

アマチュアゴルファー(70歳女性)T.Y様

まさか、この年で飛距離が伸びるとは思いませんでした!
毎月一緒にラウンドする友達も「インパクトの音が今までと全然違う!」と驚いています!
飛ばすことの気持ちよさを始めて経験することができました!

アマチュアゴルファー(65歳ご夫婦)K様

もともと、日頃の運動不足を解消する目的で購入し、週2回のペースで無理なく素振りをしていました。
そして、使用開始から2ヶ月後くらいから、同じスイングをしていても、今までとは違う力強さを体の内側から感じることができるようになり、スイングの変化を体感できるようになってきました!
使用する前は飛距離アップによってこれほどゴルフが楽しくなるなんて思いませんでした!
これからも楽しく素振りを続けていきたいと思います。

新着情報

2018 11/5
『飛距離アップ』したい方限定のゴルフスクール検索ブログ、「『飛距離アップ』スクール(hupschool)検索ブログ」がオープンしました。『飛距離アップ』をウリにしている厳選したゴルフスクールのみを紹介しています。
2018/5/1
スタッフ研修のため、5月21日(月)~5月23日(水)の3日間、出荷業務が停止いたします。
恐れ入りますが、何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。
2018/4/5
スーパースピードゴルフ正規代理店HIRO golf academyのホームページを開設いたしました。

インフォメーション

ブログ

Facebook

お問い合わせ

ご注文、ならびに商品に関するご質問などはこちらから承ります。
お電話からでもフォームからでも、お気軽にご連絡くださいませ。

070-4425-4681

070-4425-4681

お問い合わせはこちら